FC2ブログ

宝物の部屋にいる

「また来たの」

国宝部屋の床

うん。
お正月だしね。

東京国立博物館、国宝の部屋の床に、この子はいつもいます。
パーテーション用の床の金具。


松林図屏風

新春恒例の 長谷川等伯「松林図屏風」の展示。
ここ何年か、毎年のように見に来ています。



こんな顔、好き?
「こんな顔」のランキング順位をあげてください。1日1ポチ☆お願いします。 こちらもどうか1ポチ☆そうすると、いまの順位と毎日更新への意欲がきっと保持できます。ありがとう。 出来たらこれもポチッとね…。ありがとうございます。
でしたら、ぜひここで
ポチポチポチと人気ランク応援のクリックをください。 


おまけ

この時期の東京博物館に来るとき
もうひとつ楽しみな作品があるんだけど
今年は、展示がなかったです。 残念。
それについての記事です。ご案内します。
 ↓
http://konnakao.blog96.fc2.com/blog-entry-1125.html

...................................................................

もひとつ おまけ

6年前、等伯の松林図屏風をはじめて2回目にみた日の記事。
そういえば、ありましたね。ご案内します。

http://konnakao.blog96.fc2.com/blog-entry-779.html

足元 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/01/06 18:45
コメント
No title
いいなぁ〜〜
長谷川等伯見たいわぁ。
郷土の人だし。小説も読んだし。
いよいよ本物を見たくなってます。
misachi68さんへ
能登の七尾のひとなんですよね、等伯さん。
玉坂家、ちょっとした「長谷川派ブーム」の時期がありまして、京都の智積院も、行きました。
こっちはガラスに入ってなくて生々しい楽しさでした。
こちらもお勧めですよう。

管理者のみに表示