FC2ブログ

【報告】落語『本屋の善さん』@東京

「ほんま、大入り満員やってんて」
バッグ

「チケットやパンフレットが足らんくなってんて」
バッグ
「ほんまやで」

うん。ばっぐり仰天。(^0^:)
席亭さんが「嬉しい誤算」といってました。

例の落語会です。昨日、開催されました。

「第6回 夏夜の怪談 in神楽坂」

ずーっとひつこく宣伝してきた、これです。➡ ☆告知の記事

神楽坂 善國寺の書院は、いいお客さんでいっぱいで
あたたかな雰囲気が充満状態。いい会でしたぁ。(^□^)
以下演目でぇす。(敬称略)

桂竹もん 「平林」
露の団四郎 「本屋の善さん」
林家扇 「歯ンデレラ」
~中入~
露の団四郎 「摂州皿屋敷」


拙作「本屋の善さん」は、本邦公開二度目とあいなりました。
たったの二度目なのに練りこんでいただいて
軽くてにぎやかな滑稽落語に仕上げてくださいました。
さすが、団四郎師匠です。
お客様もよく笑ってくださって・・・ああ・・・興奮したぁ。

楽屋にいらしていた、落語芸術協会理事の某師匠と
事後に少しお話ができたのですが、
「持ち時間に合わせて調整もできるいい話」
と、ほめていただきました。
そんな視点での評価。まさにプロのやる側の観点やん。
ドキドキしてしまう・・・・・・はあ(^0^)嬉しいなあ。

明るい落語、3本のあと、お中入り休憩。
そしてこの会のメインイベント、上方怪談噺となりました。
「摂州皿屋敷」は、姉妹二人の因縁が絡んで
かなり陰惨なお話でしたよう。怖かったです。
あったかい雰囲気からの幽霊物語。
落差も効果的です。さすが団四郎師匠です。
小菊さんお気の毒。成仏してください…(-人-)ナムナム

お寺で怪談。満員のご書院で聞いていたのは、
生きてる人間だけじゃないかもしれませんね。

さて、今日の冒頭の「こんな顔」写真は、
去年の冬に某居酒屋さんで撮影させていただいた
団四郎師匠の後ろ姿でした。
(↓クリックで拡大します)
バッグ
かわいいですよね、このバッグ。
団四郎師匠ってばカジュアルの「おしゃれ優等生」だと思います。


こんな顔、好き?
「こんな顔」のランキング順位をあげてください。1日1ポチ☆お願いします。 こちらもどうか1ポチ☆そうすると、いまの順位と毎日更新への意欲がきっと保持できます。ありがとう。 出来たらこれもポチッとね…。ありがとうございます。
でしたら、ぜひここで
ポチポチポチと人気ランク応援のクリックをください。 




拙ブログ、『こんな顔』は、ふだんは
「顔にみえるもの」の写真集なんですが、
ごくたまに、
玉坂めぐる≒荻野さちこの書く
落語台本の周辺の話題にもなります。
ご承知おきください。


玉坂めぐる≒荻野さちこが書く
落語の台本のあれやこれやにつきましては
  ↓
「こちら」 をクリックするとまとめて読めます。

ひよっこの駆け出し者です。
応援してやってください。お願いいたします。



告知報告・落語台本 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2018/08/19 23:59
コメント
おはよーございます
普段は口が硬そうだけど一旦開くとその幅広い視野でいろんなお話を聞かせてくれそうな顔をしています おしゃれさんですね

とにかく満員で嬉しい誤算おめでとうございます 
それと「本屋の善さん」ダイジェスト版とかできるってことですよね 時間に追われるプロらしい視点、より選ばれるといいですね^^
小々次郎さんへ
おしゃれさん顔のバッグ。仕切りがよくてクレバーな一面もありそうです。(^こ^)

>それと「本屋の善さん」ダイジェスト版とかできるってことですよね 時間に追われるプロらしい視点、より選ばれるといいですね^^

ううう。ありがとうございますう(感涙)。
今回の話は小々次郎さんに聞いていただいた「仕合わせ瓢箪」のようにストーリーがメインではないので、途中でサゲにもできるし、シーンを抜くこともできるし、足すこともできるし、使い勝手がいいタイプの落語、かもしれません。ほめていただくのは大好きなので、もちろんお世辞を言っていただいたとは思うのですが、ココは思い切って真に受けます(^へ^)キリッ! あすへの活力。栄養デス。
No title
無事に終了、おめでとうございます。
師匠の演じる側からの視点、いかにもプロっぽい意見で、ニヤニヤが止まらなくなりますね!
あけぼうさんへ
うんうん。
にやにやにやにやにや(^皿^)がんばるぞい♪

管理者のみに表示