ノーベル賞とは…誉れよのう。

京都の石清水八幡の放生川近くの杭さんも
厚い唇で、感激を語られました。
杭
「ノーベル賞。しかも、地元のアレが受賞とは・・・」


「ぬーーーーーっと」
ヌートリア
「ヌートリア…」

「ぬーーーーーっと」
ヌートリア
「害獣ヌートリア・・・」


あっ・・・ちょっとだけ違いますね(^へ^)
でも
こんな顔、好き?
「こんな顔」のランキング順位をあげてください。1日1ポチ☆お願いします。 こちらもどうか1ポチ☆そうすると、いまの順位と毎日更新への意欲がきっと保持できます。ありがとう。 出来たらこれもポチッとね…。ありがとうございます。
でしたら、ぜひここで
ポチポチポチと人気ランク応援のクリックをください。 


すいません・・・
いやでも、本当におめでたい。

感染症研究で大村智先生。
ニュートリノ研究で梶田隆章先生。

ヌートリアもきっと喜んでいます♪ 万歳(^^♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ
関連過去記事ご案内
ノーベル賞案件
2つありました。

山中先生万歳

赤崎先生天野先生中村先生、万歳

難しいことはわかんないけど
嬉しい嬉しい(^^♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


| コメント(4) | トラックバック(0) | 2015/10/07 11:22
コメント
No title
ニュートリノとヌートリア、
どうして差がついたのか、
慢心、環境の違い・・・(慣用句w)

ニュートリノの研究は
何度聞いても相変わらず
脳に浸み渡っていかないよなぁ・・・
ただ「なんか分からんけどすごい」とだけw


No title
ニュートリノって一体なんなんだか、私も理解できずw

で、今日は職場でニュートリノってことは
ニューじゃないトリノもあるのかねぇって話題でした(^◇^)

ヌートリアはこれどこに住んでるの?
あけぼうさんへ
> ニュートリノとヌートリア、
> どうして差がついたのか、
> 慢心、環境の違い・・・(慣用句w)

うーむ。
ヌートリアも戦後の食糧確保という切実な動機に基づいた研究の結果だったらしいんだけどね。いまや大迷惑の害獣。料理があるって話も聞いたことがないですね。(^へ^)
こうしてみるとカピバラ並みにかわいい気もしないでもないんだけどね。
カピバラとヌートリア、
どうして差がついたのかもちょっと知りたい。

> ニュートリノの研究は
> 何度聞いても相変わらず
> 脳に浸み渡っていかないよなぁ・・・
> ただ「なんか分からんけどすごい」とだけw

うん、すっごいちっちゃいから、人の体なんかも通り過ぎるらしい。でも重さがあるんだって。それで。。。。ふうん。すごいねえ。(^^)モウムリ
misachi68さんへ
> で、今日は職場でニュートリノってことは
> ニューじゃないトリノもあるのかねぇって話題でした(^◇^)

ニュータッチヌードルとかね。(^^)ニューコンビーフとかね。
わかるわかる。自分もそんな感じです。


> ヌートリアはこれどこに住んでるの?

この子は、京都の石清水八幡の放生川で泳いでました。放生会という生き物を放って回向する行事が有名な橋のあるところなので、いくら害獣といえども殺生できないなあ、と思いました。こいつの生きざまはある意味ノーベル賞ものかも(^^:)

管理者のみに表示