大阪豊中の地べた

ひさしぶり、あれから20年だよね。
マンホール
「ああ…そうだよね…」

玉坂は、あのころこの町に住んでいました。
夜中の3時すぎまで机で仕事をしていて、
顔を上げたら窓に血の色の大きな満月が低い位置に見えました。
その色に驚いたけれど…でももう寝なきゃと、家族の眠る和室へ。
幼い息子たちの眠るわき、あたたまってる布団にもぐり込みました。
そして2時間半、真下からドドンとくる暴力的な衝撃に、飛び起きる。
子どもを抱える。声も出ない。家族四人で目を見合わせたまま、
ただただ地の振幅の大きな動きに揺さぶられていました。
震度5でした。怖い記憶です。
見ればさっきまでいた仕事机は、落下物でいっぱいでした。

あれから20年。たまたまなんだけど、この日この町に来ています。
あの朝のこと、それからしばらくの日々のこと。
若かった自分が体感したいろいろ、考えたさまざまを、
思い出しながら一日を過ごそうかと思っています。
こんな顔、好き?
「こんな顔」のランキング順位をあげてください。1日1ポチ☆お願いします。 こちらもどうか1ポチ☆そうすると、いまの順位と毎日更新への意欲がきっと保持できます。ありがとう。 出来たらこれもポチッとね…。ありがとうございます。
でしたら、ぜひここで
ポチポチポチと人気ランク応援のクリックをください。 




追記:

この記事このトーナメントで3位でした。
体験(3)・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
体験(3)・・ブログトーナメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マンホールの蓋 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/01/17 00:14
コメント
No title
そうだったんですね。
怖い記憶は消えませんよね、20年経っても。
私の住む地域も震度4で、
自分が体験した地震の中では一番大きかったです。

私は20年前のこの日は妊娠中でした。
しばらくはTVの報道から目が離せませんでした。

翌月出産した息子は今年成人式を迎えましたよ。

misachi68さんへ
みささん、ほとんど臨月の妊婦さんでしたか。
それは不安だったでしょう。大変でしたね。
余震も長くあったしね。
でも、息子さんの誕生はきっと周りを明るくしただろうな。
ご成人、おめでとうございます。
あの〜
あのとき大阪に
いてはったんですね。
大阪は被害がすくなくて
ちょっと申し訳ない感じでした。
でも街なかで
「私はここに居ます」カードが貼られてたり、
新聞には毎日、死者の名簿が載ってたり、
やはり非常事態でした。
NHKのアナウンサーが
泣きながらニュースを伝えていたのが
今も忘れられません。
No title
その時は京都で学生でしたね。
玉さんほどじゃないけど、当日試験の予定で夜遅くまで勉強してたんだよね。自分自身は何も被害はなかったんだけど、とにかくもうビックリしすぎて、また布団かぶって丸まって寝たんだよね…。
のんきなようだけど、今思えばあれは自己防衛だったな~。
その後も大きなショックを受けると、とにかく眠ろうとする自分がいる。この日は最初にそのことを発見した日だったかもしれない。
広報ミヨったんへ
大阪豊中市は死者もでました。たしか9人。
我が家は、テレビや家具が倒れて食器が80パーセント壊れたけど怪我はなくて…。でも保育園がダメになったりしましたね。ひょなんことから阪大に留学中のイラク人のご夫婦と知り合いになったんだけど、パニックしてて…。戦争や亡命の経験のある人でいろんなものを見てきたんだろうけど…。これから略奪や殺し合いがおきるかもしれないって言っていたのをふと思い出しました。いろいろ忘れちゃいけないね。
あけぼうさんへ
なるほどなるほど、丸まって眠って心を守るっていうの、自分もやりますやります。弱虫なので、2、3回はやったことあるはずです。でも、この時は3歳と5歳の守る子がいたからね。てきぱきとみんなに靴を履かせて、大人二人は家具を起こし、割れ物を全部30分でキレイに片づけおえました。で、空が明るくなって、平和になった食卓で朝ごはんを食べてたら、やっとニュースで神戸の高速道路の画像が…。もう一度仰天しました。いろいろ思い出します。

管理者のみに表示