FC2ブログ

落語「釘付け」。生で拝見。


「あれ? 行けないって言ってたのにぃ?」

トタン壁

「ガマンできなかったんだ、やっぱしぃ…」

トタン壁

↓このフライヤーの落語会です。
(クリックすると拡大します)
チラシ 立花亭 2020
告知の記事はこちら ⇒


実は、今回の会も団四郎師匠に「残念ですが欠席」とメールをしてまして
当日、朝ごはん食べて洗濯物干してるときまでは、
初演も観覧できなかったし残念だなあ…と、あきらめていました。
Goto旅行も解禁間近とはいえ、東京のコロナは、まだまだ高止まりだし、
これは不要不急の移動ではないだろうか…。
いろいろほかにも心配事もある身だし…。

でも、いや?? えええ?? ひょっとして行けるんじゃね? 
ねえ…うん…。ねえ? うん?…の発作的な自問自答の末
よし! 行っちゃえ!行っちゃうぞ!…っと、12時発の新幹線。
しゅっと行って、へろっと戻ってきました。

コロナのご時世なのに、のぼせちゃって自分、馬鹿じゃないの?
と、車中思いつつ…。でもね。でもね。
行ってよかったです♪ (^△^)

尼崎市の立花の会場は、にこにこの常連のお客さんで大入り満員。
でも、パイプ椅子で、上手に距離が保てていました。消毒もきっちり。
心がけが大人なお客さんばかりで、本当に気持ちのいい寄席でした。
さすが地域に根付いている会、熟練と歴史を感じましたよう。

三人の若手の落語家さんの元気な高座があって
大トリ露の団四郎師匠登場。
拙作『釘付け』の二度目の高座でしたっ。

楽しかったです! 
内容は詳しく書けなくて残念ですが、
遠景と近景が同時進行する噺です。
ちょっとややこしいんですけど、
皆さんよく聞いていてくださったと思います。
「新作です」 「実は作者が会場にいてますよ」
「忖度って知ってる?」って…(^へ^:)
団四郎師匠の冒頭の巧みな煽り。冗談なんだけど効果がありました。
積極的に流れを追ってくださったお客さん、多かったと思います。
サゲ前も「もぎた亭」の時よりも、すこし丁寧な描写。
いろんな工夫をなさるのがすごいです。
団四郎師匠、ありがとうございます。幸せです。

そして、やっぱり演芸は客席で観覧するのが一番です。
ほんと、行ってよかったー♫ 



こんな顔、好き?
「こんな顔」のランキング順位をあげてください。1日1ポチ☆お願いします。 こちらもどうか1ポチ☆そうすると、いまの順位と毎日更新への意欲がきっと保持できます。ありがとう。 出来たらこれもポチッとね…。ありがとうございます。
でしたら、ぜひここで
ポチポチポチと人気ランク応援のクリックをください。 


【さて「おまけ記事」か「続き記事」があります】☜ぽちっ
告知報告・落語台本 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2020/09/29 22:34
 | HOME |