FC2ブログ

【月末特別】ちんぷんかんぷん【顔考察6】

タイ語は逆さに見たくなります。
タイ語
分からないけど好きになれそうだからです。
この文字表だと、向かい合って盛り上がってる3人さんとか、
クールな一卵性の双子とか、ポニーテールのメガネ女子とか
前髪がうっとうしい4人組みとか、ほかにもいろいろ見えてきます。

アラビア語。
美しいコーランを見たことがあります。
じっと眺めていると、分からないのに清く暖かい気持ちになりました。
そしてやがて顔がたくさん浮かんできました。
コーランの画像はないので宮本雅行さんの「はじめてのアラビア語」の紙面。
アラビア語
彼は一番年上の学生だ、とかそういうことが
比較級とか最上級とかで書いてあるそうですが
じっと見ているとその「彼」の顔がなんとなくわかった気になります。
友達もたくさんいるみたいでよかったなと少し思いました。

梵字も不思議で神秘的なので興味津々です。だからこの機会にと思って、
昨日図書館で本を借りたら、このページがいきなり開いたので
梵字 イとイー
イ・・・イー! となりました。



最後にこれ。宣教師ランダの書いたマヤ語アルファベット。
ランダのアルファベット
マイケル・コウさんの「マヤ文字解読」の紙面です。
これは、マヤ文明のマヤ文字…ではなくて、
難解なマヤ文字を解読するために、文字の音を表した部分を分解した
パーツ見本みたいなもの(で?あってるかなw)なんだけど。

もうね・・・顔だから。もう顔がいっぱいかいてあるからさ・・・。
顔をさがすとかそういうんじゃなくてね。もうね・・・。
マヤ人はとにかく顔大好きみたいだし・・・それはいろんな意味での「好き」で
怖い話もいっぱいあるようです。それはさておき。

マヤ文字は、こうしたパーツをいくつもいくつも合体させてできた文字だそうです。
たとえば
マヤ文字

かっ…顔ですね。
各文字、画面右側に左方向へ鷲鼻を向ける大きなおじさんがいます。
それをメインにいろいろパーツがついています。小っちゃい顔もいろいろ。
全体は、顔付きのなにかをいくつかグシャッと圧縮してブロックにしたみたい。
廃棄自動車の末路のようです。
で、これは何が書いてあるかというと数字です。
これで因数分解とかしたくないです。


ちんぷんかんぷんの時は顔さがし、どうでしょう。
見知らぬ文化に顔が見えたら、早めに親しくなれるかもしれない。
そんな可能性をちょっと考えてみました。

「ちんぷんかんぷん特権の楽しみ」としてもお勧めできます。
読めるようになってしまえば、きっと顔なんてみえない。
マヤ文字以外は、たぶん。




こんな顔、好き?
「こんな顔」のランキング順位をあげてください。1日1ポチ☆お願いします。 こちらもどうか1ポチ☆そうすると、いまの順位と毎日更新への意欲がきっと保持できます。ありがとう。 出来たらこれもポチッとね…。ありがとうございます。
でしたら、ぜひここで
ポチポチポチと人気ランク応援のクリックをください。 


【さて「おまけ記事」か「続き記事」があります】☜ぽちっ
かんがえもの | コメント(14) | トラックバック(0) | 2012/01/31 00:00
 | HOME |